ビタミンC

ビタミンCとは

ビタミンAやビタミンBなど人間にとって欠かせない栄養素であるビタミン。

 

その中でも「ビタミンC」は素晴らしい働きをもっていることをご存知でしょうか?

 

ビタミンCは老化から身を守る

 

例えば、代表的な効能の一つとして老化から身体を守る力をもっています。

 

老化というものは、活性酸素の過剰発生によって起こります。

 

この活性酸素は、身体のエネルギーを作り出す際に、必ず発生するものですが、ストレスなどが原因で必要以上に発生してしまう場合があります。

 

その結果、身体を酸化させて、老化を招く恐れがあります。

 

「抗酸化作用」という働きをもっているビタミンCは、その活性酸素の発生を防ぐだけでなく、血液をサラサラにする力をもっているのです。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートし、血液を強くする

 

また、その他にも「コラーゲン」の生成をサポートする力や白血球を強くする働きがあります。

 

コラーゲンは身体の細胞と細胞を結ぶたんぱく質であり、人間の30%を占めています。

 

ビタミンCがコラーゲンを生成することにより皮膚や粘膜の強化にも役立ち、ウィルスの侵入を防ぐ力となります。

 

また、白血球も働きが強いほど、免疫力が高まって、様々病原体から身を守ってくれます。

 

ですから、ビタミンCが欠乏してしまうと、骨が弱くなってしまうだけでなく、免疫力が弱まり、様々ば病気を引き起こす恐れもあります。

 

美容ビタミンとしてなじみのあるものですが、身体の健康維持にも必要不可欠な栄養素なため、上手に摂取することを心がけましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

ビタミンCとは関連エントリー

ビタミンCの発見と歴史
ビタミンCの発見は17世紀の大航海時代にまで遡ります。現在では医薬品業界だけでなく、美容業界でも注目されているビタミンCは、どのような歴史を持っているのでしょうか。
ビタミンCの種類
ビタミンC誘導体は、3つの種類に分けられます。それぞれの働きと効果を知り、目的に合わせて上手に活用していきましょう。
人工ビタミンCと天然ビタミンC
ビタミンCは人工ビタミンCと天然ビタミンCの2種類に分けられます。サプリメントを選ぶ際には、どちらのビタミンCが配合されているか調べてから購入されるのをお勧めします。
ビタミンCの抗酸化作用
ビタミンCの重要な役割に抗酸化作用という働きがあります。抗酸化作用は活性酸素による身体のサビを除去する役割があります。健康維持や老化防止のためにビタミンCの摂取を心がけましょう。