ビタミンC 種類

ビタミンCの種類

ビタミンCの化学名はL−アスコルビン酸、または単にアスコルビン酸と呼ばれているもので美肌や美白を目的とした成分として化粧品に配合されることが多い成分です。

 

しかし、化粧品に配合されるにはそのままの性質ではトラブルを引き起こす原因になるものでした。

 

ビタミンCは空気に触れるとすぐに酸化し、また水に溶かすと活性を失ってしまうものです。

 

このビタミン自体、肌へなかなか吸収されない性質をもっているので、化粧品として使用するためには課題が多々ありました。

 

そこで開発されたのが、ビタミンC誘導体です。

 

この誘導体は3つの種類に分けられます。

 

様々な作用を知り、活用していきましょう。

 

ビタミンC誘導体の種類

 

水溶性ビタミンC誘導体

即効性が高く、短期間ですぐに皮膚に吸収され、水にも溶けやすい種類です。メラニンを抑えて新陳代謝をアップして色素沈着の改善を促すのがこの誘導体です。にきび肌オイリー肌など大人の肌のケアに効果があるもので、肌を滑らかにする作用がある種類です。

 

脂溶性ビタミンC誘導体

肌への刺激が弱いため、皮膚の真皮まで浸透していきます。メラニンを抑えて、水溶性の誘導体よりも皮膚膜、角質層に吸収率が高いものとして敏感肌や、乾燥肌の方などに有効的だといわれています。保湿性が高いのでクリームやジェルタイプの化粧品に使用されることが多い種類です。

 

新型ビタミンC誘導体

即効性があり、浸透力もある素晴らしい特徴をもっており、美白効果だけでなく、シワやハリの改善も期待できます。アイチエイジング効果も期待されており、浸透力は水溶性ビタミンCの100倍ともいわれるほど、優れています。

スポンサードリンク

ビタミンCの種類関連エントリー

ビタミンCとは
ビタミンCは誰もが聞いたことのある栄養素ですが、そもそもビタミンCとは一体どのような栄養素なのでしょうか。
ビタミンCの発見と歴史
ビタミンCの発見は17世紀の大航海時代にまで遡ります。現在では医薬品業界だけでなく、美容業界でも注目されているビタミンCは、どのような歴史を持っているのでしょうか。
人工ビタミンCと天然ビタミンC
ビタミンCは人工ビタミンCと天然ビタミンCの2種類に分けられます。サプリメントを選ぶ際には、どちらのビタミンCが配合されているか調べてから購入されるのをお勧めします。
ビタミンCの抗酸化作用
ビタミンCの重要な役割に抗酸化作用という働きがあります。抗酸化作用は活性酸素による身体のサビを除去する役割があります。健康維持や老化防止のためにビタミンCの摂取を心がけましょう。