人工ビタミンC 天然ビタミンC

人工ビタミンCと天然ビタミンC

ビタミンCは人口ビタミンC天然ビタミンCに分けられます。

 

ここで詳しくご紹介しましょう。

 

人工ビタミンC

人口ビタミンCとは人為的に合成されたもので、トウモロコシなど化学的に分解しコルビン酸として大量に作られ、その際に石油を原料として薬品が使われています。
石油は体内に吸収された際、異物と判断されるため、天然ビタミンCよりも吸収や分解はされにくいものとなっています。また、人口ビタミンCは多くのサプリメントなどで活用されています。

 

天然ビタミンC

天然ビタミンCはローズヒップ、アセロラなどの自然の植物から抽出され、作られます。吸収を助ける酵素、吸収を高めるフラボノイドだけでなく、働きを助けてくれるアントシアニンなども自然に含まれおり、身体になじみやすいビタミンとなっています。

 

市場などで出回っているサプリメントのほとんどはコストも安い人口ビタミンCです。

 

天然ビタミンCによって作られているサプリメントは少なく、価格も人口のものよりも高く設定されています。

 

美容業界でも効果が高いものとして知られています。

 

身体に自然に吸収されるのは人口ビタミンCよりも天然ビタミンCなので、サプリメントを選ぶ際は見極めることをお勧めします。

 

また、仕事で忙しい方やなかなか食事のバランスに気をつけることができない方はサプリメントやドリンクの活用をお勧めしますが、普段の生活の中で食品から摂取することを心がけましょう。

 

食生活の中でビタミンCを積極的に摂ることは健康維持だけでなく、肌を美しく保つ上でも大切なことです。

スポンサードリンク

人工ビタミンCと天然ビタミンC関連エントリー

ビタミンCとは
ビタミンCは誰もが聞いたことのある栄養素ですが、そもそもビタミンCとは一体どのような栄養素なのでしょうか。
ビタミンCの発見と歴史
ビタミンCの発見は17世紀の大航海時代にまで遡ります。現在では医薬品業界だけでなく、美容業界でも注目されているビタミンCは、どのような歴史を持っているのでしょうか。
ビタミンCの種類
ビタミンC誘導体は、3つの種類に分けられます。それぞれの働きと効果を知り、目的に合わせて上手に活用していきましょう。
ビタミンCの抗酸化作用
ビタミンCの重要な役割に抗酸化作用という働きがあります。抗酸化作用は活性酸素による身体のサビを除去する役割があります。健康維持や老化防止のためにビタミンCの摂取を心がけましょう。