ビタミンC 過剰摂取 副作用

ビタミンCの過剰摂取と副作用

ビタミンCを過剰摂取した場合、副作用があるのか?

 

気になる方も多いと思いますが、過剰症はほとんどありません。

 

ビタミンCは過剰摂取したとしても、水に溶けやすいため尿中にすぐ排出される要素をもっています。

 

また、消化器官の吸収率も低下するので副作用もあまりありません。

 

しかし、まれに一日の中でビタミンCを3〜4g過剰摂取すると下痢をするといった例もありますのでそういった場合は注意が必要です。

 

特に、サプリメントは過剰に飲んでしまいがちです。

 

しっかりと表記の用量を必ず守って、使用することを大切にしてください。

 

また、栄養素の中でもビタミンCのように過剰症がない例ばかりではありません。

 

葉酸やニコチン、ビタミンDなども過剰摂取は危険であり、上限が定められています。

 

特にビタミンDは副作用があり、注意が必要です。

 

過剰に摂取すると血液の中のカルシウムの濃度が上昇してしまうのです。

 

副作用として、肺や心筋、胃などに大量にカルシウムが付着してしまい、腎臓に障害が起き、尿毒症になるケースもあります。

 

一日の目安量の10倍を摂取してしまうと、そういった症状の危険がありますので注意しましょう。

 

50μgが上限となっていますので気をつけましょう。 

 

ビタミンCの他にもこのように様々な栄養素があり、サプリメント、漢方なども多様にあります。

 

過剰摂取の副作用に気をつけて用量、用法を守りながら上手に活用することを心掛けて、健康つくりに役立てていきましょう。

スポンサードリンク

ビタミンCの過剰摂取と副作用関連エントリー

ビタミンCの効果的な摂取方法
ビタミンCは、どのような摂取方法が一番効果的なのでしょうか?上手な摂取方法を知り、ビタミンCの効果を最大限に享受して、美容や健康に役立ててください。
ビタミンCの必要摂取量とは
ビタミンCの一日の必要摂取量を意識することによって、毎日の食事やサプリメントの摂取を効率よく行うことが出来ます。ぜひ、あなたの健康な体つくりに役立ててください。
ビタミンCを食品から摂取する
ビタミンCを食品から摂取することを心がけることにより、ビタミンEや、カルシウムなど様々な身体に必要な栄養素をまとめてとることが出来ます。これによりプラスの相乗効果が働き、ビタミンCの効果をさらに高めてくれるのです。
ビタミンCをサプリメントから摂取する
ビタミンCを食品から摂取するにも、仕事で忙しい方には難しいものでしょう。そんな方のためには、いつでも気軽に取れるビタミンCのサプリメントがおすすめです。ここでは、上手なサプリメントの選び方などご紹介しています。
ビタミンCが欠乏すると?
ビタミンCが欠乏するとどんな症状が起こるのでしょうか?歯を磨いたり、リンゴをかじった時に歯ぐきから出血してしまったことはありませんか?そういった方は要注意です。ビタミンC欠乏症の壊血症の前兆の場合があります。
良い時間帯やタイミングは?
ビタミンCの効果を効率良く得るためには飲むタイミングと飲む回数を見直したほうが良いですね。