ビタミンC 食材

ビタミンCを多く含む食材

ビタミンCは人間にとって欠かせない栄養素の一つですが、毎日の食材から摂取していくことが大切です。

 

そのためにもどのような食材に含まれているかを知り、積極的に毎日の食事の中で摂るようにしましょう。

 

ビタミンCの多くは穀物や肉などの動物性食品には含まれていないので、野菜や果物から摂取しましょう。

 

 

野菜の食材

 

パセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、にがうり、ホースラディッシュ、ピーマン、小松菜。かぶ、大根の葉、カリフラワー、たかな葉、ほうれん草、サツマイモ、じゃがいも

 

果物の食材

 

柿、キウイフルーツ、いちご、レモン、グアバ、みかん、オレンジ

 

中でもビタミンCは柑橘類に多く含まれています。

 

柑橘類に含まれているクエン酸が、鉄分の吸収を高めるためにたんぱく質の消化を助けてくれるので、貧血予防などにも効果的です。

 

しかし、オレンジやみかんなどの食材を購入する際は注意が必要です。

 

柑橘類の中のビタミンCは冷蔵庫に貯蔵しているうちにどんどん減少していきます。

 

スーパーなので購入する際は新鮮なものを選ぶようにしましょう。

 

また、すぐに食べずに余ってしまったみかんなどは冷凍することもお勧めです。

 

冷凍することでビタミンCの含有量を維持することが可能です。

 

シャーベットなどにしてもおいしくいただけますので、ぜひ試してみてください。

 

 

ビタミンCといえば、果物から摂取する、というイメージがありますが多くの野菜からも摂ることが可能です。

 

ぜひ日常生活の中でこのような知識を活用して食材を購入する際などに生かしていきましょう。

スポンサードリンク

ビタミンCを多く含む食材関連エントリー

ビタミンCを取りやすい料理
ビタミンCは果物からだけではなく、ブロッコリーやほうれん草、菜の花、ピーマンや芋類など様々な野菜にも多く含まれています。ここでは、女性が大好きなある食材を使った、ビタミンCを取りやすい料理をご紹介しています。
野菜と果物に含まれるビタミンCベスト10は?
ビタミンCが多く含まれる野菜と果物の上位10位をまとめてみました。意外な結果に驚かれるかもしれません。あなたの健康ライフの参考にしてください。